スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

お子様の治療

こんにちは。
そら歯科クリニック院長の橋場です。

先日は、お子様からお手紙を頂きました。

最初は、口を開けることにも抵抗がありましたが

回数を重ねていく度にたくさんの事が出来るようになり

麻酔をして治療も出来るようになりました。





子供の治療にあたって一番気をつけてることは、『恐怖心』を与えないことです。

何をされているのか分からないことが、大人でもそうなのですが

お子様にとっても恐く逃げ出したい気持ちになるようです。

ですから、子供でもしっかり説明して、これはどういう道具なのだとか

いつ使うのか?などが分かれば『恐怖心』もだいぶ無くなり治療も上手くいくことが多いです。


あまり焦って治療を行い『強い痛み』を経験すると歯医者には行きたがらなくなってしまうことも
あると思います。

辛抱強くやれば、いつかちゃんと出来る日が来ます。

そして一回出来るようになると、子供も自信がつきどんどん出来るようになって行きます。

治療がしっかり出来たときは、いっぱい褒めてあげることもとても大事なことだと思います。




Yちゃん、虫歯治療頑張ったね!



スポンサーサイト

2011/06/29 07:50 |院長日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。